猟奇殺人事件

配信日時:2013-02-20 10:16:39

AWALKER VS F★ROUTE
i-mobile

111 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 16:33:20 ID:rL55satQO
最近、近所の公園で、猟奇殺人事件が頻発してる。
ロープで絞殺してから目玉をえぐり出し、空いた眼孔を犯す、という惨い事件。
学校からも、公園には近付かないように言われていた。

でも、私の友達のA子が被害にあった。
塾の帰りに近道しようとして襲われたのだ。
人はあまりに悲しいと涙も出ないんだって知った。
同時に、私の大切なA子にこんな酷い事をした犯人が許せなかった。

だから私は友達と相談して、私が囮になって犯人をおびき出して捕まえてやろうと考えた。
友達は「危いから警察に任せよう」って止めたけど、
小さな頃から親に武道を叩き込まれ、それなりの自信があった私は無理矢理に頼み込んだ。
最後には友達も折れ、しぶしぶながら手伝ってもらえる事になった。


133 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 17:13:02 ID:rL55satQO
深夜の公園の道は真っ暗だった。
月明かりと街灯が無ければ、何も見えないに違いない。

初日、二日目と犯人は現れなかった。

そして三日目の夜、ついにそいつは現れた。
後ろに人の気配を感じた私は、気付かず携帯をいじるふりをして、ゆっくり歩いた。
すると突然、私の首に紐のような物が掛けられ、凄まじい力で絞め上げられた。
でも、絞められるのは最初から分かっていたの。
私は振り向き様、そいつに飛び掛かった。
暴れるそいつの肩をアスファルトに捩伏せる。
ナイフらしき物で何度か切り付けられるが、私は興奮しているからなのか痛みはない。

私がそいつに馬乗りになった所で、月が雲間から顔を覗かせた。
か細い月明かりでははっきり見えなかったが、男の顔は恐らく恐怖に歪んでいたのだろう。
短い悲鳴が聞こえた。

冗談じゃない。
私は今のあんたよりずっと怖かったよ。







現在の投票ポイント
8

気に入ったら↓をポチっ

アクセス総数:3158


(C)2chレス保管庫