カモノハシ

配信日時:2013-03-20 23:31:49

AWALKER VS F★ROUTE
i-mobile

1798年、イギリスの植民地だった野生の王国オーストラリア。

そのオーストラリアから大英博物館へ、毛皮にクチバシ付きのUMAが送られてきました。
手足にはミズカキが付いています。鳥にしては、羽がありません。

羽の無いトリ、羽の代わりにミズカキ。クチバシはアヒルのような感じです。
レポートには、卵を産むUMAとしています。

学者
「オイオイ、えらく上手く出来た贋物だなぁ。
 いくつかの生き物のパーツを切って、組み直すのは神に対する冒涜だよ君。」

しかしその後1802年、さらに剥製まで送られて来ました。
それを調べた学者が残したレポートにはこう書かれています…

・ハサミで皮を切ってみたが、何故か不自然な結合跡が存在しない。
・爬虫類的な構造がある。
・哺乳類的な構造がある。
・鳥類的な構造がある
・ミズカキがある
・カワウソのシッポがある
・クチバシがある
・なんとなく可愛い

そして1822年、やっと実物を本国まで生きたまま送ることが出来きましたが
まだ信じてもらえません
翌年、学者たちの目の前でカモノハシさんは卵を産んで見せてくれましたが、
それでも生き物として学会に認められるには更に3年の月日が必要でした。




現在の投票ポイント
7

気に入ったら↓をポチっ

アクセス総数:1625


(C)2chレス保管庫